【火葬場の都市伝説】死者が蘇る話⇨『熱い!助けて~…』職員が助けない理由が怖すぎる…。

玩游戏 2019-06-29

火葬場の秘密。『熱い、助けて〜』と悲鳴! ⇒職員が語る助けない理由が怖すぎる…。 火葬場の職員から聞いた話 火葬場の職員から聞いたお話が、 とてもショッキングと話題に…。 その聞いた話によれば 『10年に一回くらい、火葬中に生き返る人がいる』との事でした。

あまりの高温に、生き返ってしまうとのことです。 火葬中に、小窓から覗くと、中で生き返った人が暴れいたとのお話なのです。 『生き返っても、助けない。』なぜなら… その職員さん曰く 『どうせ助からないからそのまま焼いてしまう。』 誰にも口外せずに、そのままで、 最後まで焼くとの怖い暴露話でした。 このお話の真偽は分かりませんが、 単なる都市伝説とみる人もいます。 なぜならば、法律で『死後24時間以内の火葬』 は禁じられているからです。

「原則として、死体は、死後(もしくは死産後)24時間以内は火葬してはならない」

墓地、埋葬等に関する法律第3条 現在は、病院で息を引き取ることが多く、 死亡を医師が判断します。 脳死後に復活することはないと考えられます。 海外では蘇生例が報告されている…。 アメリカのTony Yahleさん アメリカでは、こんな例がありました。 Tony Yahleさん心肺停止したのです。その45分後、 担当医が死亡宣告を行いました。 その後、Yahleさんは、5日後に、 完全に意識を取り戻したとの報告例がありました。

フランスではリディ・ペラールさんが生き返った がんで入院していたリディ・ペラールさんは、突然意識を失い、 人工呼吸器を取り付けましたが、脳死となりました。 他の病院で精密検査を受けた結果、 脳死ではないことが分かりました。 リディ・ペラールさん、 はこの14時間後に意識を取り戻しました。 この様な例外がありますが、 日本国内では、火葬場で生き 返った例は、現在までありません。 海外でも、火葬場で焼かれている 最中に生き返った例は聞いていません。

ネットの声 ・火葬場で生き返ったなんてホラーだよ ・そりゃ、生き返っても、そのまま焼かれるよ。 ・火葬場で焼かれたら、生きていても焼死するし ・あり得ない都市伝説に、踊らされるんじゃないぞ!

などの声が寄せられました。


加入好友,隨時分享有用經驗!
搶先看最新趣文,請贊下面專頁
您可能会喜欢

喜歡就加line好友!!!

添加好友
點擊關閉提示