役所での手続きで返ってくるお金…こんなに沢山あるんだと話題に…

玩游戏 2019-06-11

意外に知られていない情報が実に多い世の中。 役所は進んで教えてはくれないけれど 役所で手続きをすれば戻ってくるお金って結構多いんです。 つい先日、政府が 「年金だけじゃ足りないから2000万円貯蓄しておいてね〜!」 という発言をして大きな話題になっています。 年金制度の崩壊を堂々と宣言したということですね。

役所での手続きで返ってくるお金

取り戻せるお金は少しでも取り戻しておきたいところ。
手続きで戻ってくるお金、支給してもらえるお金を把握しておきましょう。

ただ、お金が戻ってくる制度・支給してもらえる制度というのはちょくちょく変更があります。

常に同じ条件で同じような額が戻ってくるわけではないので、

こまめにに自分でチェックしなければなりません。

役所からの通知というのは一切ありません。

例えば4月から住宅資金の贈与非課税枠が拡大しました。

親や祖父母から住宅資金を援助してもらう際、
贈与非課税枠が上限3000万円へ変更となったのです。

6月からは次世代住宅ポイント制度が開始予定。
リフォームには最大30万円相当のポイントがもらえるとのこと。

私たちが情報をキャッチしていないだけで
住まいや暮らし、医療に関する様々な支援制度があります。

もちろん財源は税金なので私たちは利用する権利があります。

ただ、役所もおおっぴらにお知らせしないケースも多く
国民が自ら徹底的にリサーチしなければなりません。

マイホーム持ちにオススメなのが「住宅改修予防給付」

65歳以上でバリアフリー改修工事を行った際、
なんと9割が支給されるというもの。

自宅の不便な箇所を報告して改修が必要だということを提出。
ただチェック表に記入するだけだそうな。

すると、地域包括支援センター職員が必要書類を揃えて自治体と交渉までしてくれるんです。

 

診断書の提出で医療費がお得に

細かな内容は自治体ごとで異なるので制度があることを知ったら、
詳しい情報を聞きに役所に行くのもアリです。

特に、自治体が出している広報は要チェック。

定期的に回ってくる自治体の広報には支援制度や支給制度がしっかり掲載されているはずです。

また1月、4月、7月、10月などは
行政が新たな行政サービスを募集する時期でもあります。

特に医療制度については細かく知っておきたいところ。

例えば年間で医療費が10万円超えた場合、

超過分が控除となり、税金が戻ってきます。

さらに、10万円を超えていないとしても
利用できる控除があることご存知ですか?
『スイッチOTC医薬品』(風邪薬や鎮痛剤などの中で特定の成分を含有したもの)

この購入額が12000円を超えていた場合、最大88000円まで控除となるんです。

健康診断を受けるなどの条件が必要ですが、
以外に知らない人も多いのではないでしょうか。

対象製品には分かりやすく
「セルフメディケーション税控除対象」という表記があります。

また、レシートにも★印がつくので調べるのは簡単です。

確定申告の際に、健康診断や人間ドックの結果と
薬購入の明細書を添付して完了です。

市販薬も意識して購入すれば控除対象となりますよ。
他にも、怪我・病気による後遺症で支給されるお金があります。

障害手当金・・・病気や怪我により障害を負った場合、
最低およそ117万円が一時金として支給される

內容未完結,請點擊“第2頁”繼續瀏覽。


加入好友,隨時分享有用經驗!
搶先看最新趣文,請贊下面專頁
您可能会喜欢

喜歡就加line好友!!!

添加好友
點擊關閉提示