不登校の悩みをロックンローラーに打ち明けた中学生。しかし 返ってきた答えに涙が止まらなかった。。。

玩游戏 2019-06-28

いじめやうつが大きな社会問題になっています。会社での長時間労働、パワハラなど大人の世界はストレスに満ち溢れていますが、子供の世界も例外なく過酷です。 いや、狭い教室の中の小さなコミュニティで長時間を過ごさなければならない子供の世界の方がむしろ大変かもしれません。

中には、学校にうまく馴染めず辛い思いをする子供たちもいます。昔自分がそうだった、なんて方も多いのではないでしょうか。そんな中、「学校に居場所がない子に言ってあげられることはありますか?」とインタビューで問われたある人物の答えが素晴らしいと話題になっています。
その人物とは、THE BLUE HEARTS、ザ・クロマニヨンズのヴォーカルとして知られる甲本ヒロトさん。日本を代表するロックンローラーです。

確かに子供時代は、少しでもイジメられると世界の終わりのように感じたり、学校で起こることが全てと思ってしまいがちです。しかし甲本さんが言うように、「偶然今一緒の教室にいるだけ」という大きな視野を持つことが出来れば、気持ちはぐっと楽になるのではないでしょうか。

この甲本さんの言葉には、共感のコメントが相次ぎました。

いかがでしたか?実は甲本さん、「中学を卒業したら高校へは行かずに、上京してロックンローラーになりたい」と親に言って猛反対された過去を持っています。甲本さん自身もうまく周りにフィットできずに苦しんでいたのかもしれません。だからこそ、甲本さんの歌も言葉も私たちの心に深く響くのです。

 


加入好友,隨時分享有用經驗!
搶先看最新趣文,請贊下面專頁
您可能会喜欢

喜歡就加line好友!!!

添加好友
點擊關閉提示